×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの計算でみる返済金額

MENU

住宅ローンの計算について

住宅ローンの計算には、住宅ローンに関する返済方式というものがありますが、これには、毎回均等額を支払う元利均等方式があります。

住宅ローンの計算でみる返済金額

住宅ローンの計算においては、まず、返済金額をしっかりと計算していくことが重要です。
そして、住宅ローンの計算では、購入金額に対して頭金を幾らくらい入れるかということが、返済の大きなポイントになります。
そして、借入金額が幾らになるのか、金利は幾らか、ボーナス払いを併用するのか、などの問題が、住宅ローンの計算においては、大きくかかわってきます。
また、住宅ローンの計算においては、借り入れをした個々のケースにより、その計算方法が違ってきます。
自分自身で実際に住宅ローンの計算をシミュレーションする方法もありますが、これも知識に乏しい人がやると、案外ややこしいものです。
でも、最近では時代も発達してきて、今なら、簡単に住宅ローンの計算をしてくれるツールがたくさんあります。
また、色んな条件で住宅ローンの計算のシミュレーションできる無料ソフトなどもあるので、返済計画を立てやすくなっています。
インターネットから住宅ローンの計算のダウンロードが簡単にできるサイトもあるので、返済計画のために、大いに活用するのも良いでしょう。

住宅ローンの計算により、ローンを少しでも繰り上げ返済していきたいと思うのは、人情です。
繰り上げ返済は、元金の返済部分に使用されることになるので、利子が減ることになり、住宅ローンの計算上においても、とても得する返済方法になります。
そのため、少しずつ貯金をしていけば、住宅ローンの計算上において、かなり有利に返済することができます。
100万円まとまって、それを繰り上げ返済にあてれば、住宅ローンの計算では、約1年も返済期間が短くなることになります。
つまり、繰り上げ返済により、利息も大幅なカットが期待できるので、とても返済が楽になります。
ただ、繰り上げ返済というのは、ローンを借りた始めのうちに行わないと、住宅ローンの計算上では、効果は少ないと言えます。
すなわち、繰り上げ返済のため、何年も貯金して数百万円貯めたとしても、住宅ローンの計算上、その間の元金はほとんど減っていないことになるのです。

住宅ローンの計算においては、つまりは、利息を払っている状態になるというわけです。
そうしたことから、住宅ローンの計算上では、まとまった金額を繰り上げ返済にまわすより、とにかく早目に繰り上げ返済することが良いということになります。
ボーナスを返済にあてる人も多いのですが、ボーナスは必ずもらえるものではないので、住宅ローンの計算に入れるのは、止めた方がいいでしょう。
不景気でボーナスの金額も減る場合もあるので、住宅ローンの計算で、それを入れて試算するのは厳しいかもしれません。
そのことから、住宅ローンの計算上においては、ボーナスからの返済分はなしにする方が賢明でしょう。