×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの計算式

MENU

住宅ローンの計算について

住宅ローンの計算には、住宅ローンに関する返済方式というものがありますが、これには、毎回均等額を支払う元利均等方式があります。

住宅ローンの計算式

住宅ローンの計算においては、様々な計算式が使われることになっています。
そして、住宅ローンの計算式は、利息や返済方法など、色々な部分を組み合わせていくことで、計算を展開していきます。
ちょっと見るだけでは住宅ローンの計算式はとても難しいものですが、よく知っておくことが大事です。
まず、住宅ローンの計算式を理解するにあたっては、利息の意義を知ることが大事で、利息といのは、元本の使用の対価になります。
利息は元本の存続期間に応じ日割計算されるので、住宅ローンの計算式においては、よく認識しておく必要があります。
そして、利息の表示方法ですが、これは元本に対する割合で定められていて、日歩、月利、年利などが、住宅ローンの計算式に使われます。
日歩は、100円に対する1日の利息の割合を示し、1日当たり何銭の割合による利息を払うかを意味していて、住宅ローンの計算式では、必須になります。
そして、月利は1月当たりの利息のことで、年利は1年当たりの利息を意味するということを 住宅ローンの計算式を利用する場合には、覚えておかなくてはなりません。

住宅ローンの計算式では、年利を12で割って計算します。
そして、住宅ローンの計算式においては、利率の換算を知らなければなりませんが、年利7.3%の場合は、日歩に換算すると、0.02%となります。
そして、月利に換算すると0.6%、年利に換算すると住宅ローンの計算式では、109.5%となります。
住宅ローンの計算式での利息の計算方法ですが、それには、その区分として,単利と複利があります。
単利というのは、住宅ローンの計算式においては、元金に対してのみ利息を支払うというものを指しています。
そして複利は、住宅ローンの計算式においては、一定期ごとに利息を元金に繰り入れることで、元利合計に利息を支払う形のものを指します。
元金、利率、利用期間が住宅ローンの計算式の重要な要素であることに違いはなくこれさえわかれば、計算ができると言ってもいいでしょう。
利息の住宅ローンの計算式は、元金 × 利率 × 利用期間ということになり、これで算出できるようになっています。

住宅ローンの計算式において、借受金の残債務については、特殊な計算式が用いられることになります。
残債務額というのは、住宅ローンの計算式では、元金から返済額、返済時までの期間に応じた利息を差し引いたものになります。
なお、借受金の返済方式としては、元利均等返済方式,元金均等返済方式,アドオン方式の3つがあり、それぞれに住宅ローンの計算式が異なります。
元利均等返済方式というのは、毎回の返済額を均等にした返済方式で、比較的住宅ローンの計算がしやすいと言えます。
そして、これは、住宅ローンの計算の方法の中では、最も普及した方式と言っていいでしょう。
毎回の返済額が一定なので、住宅ローンの計算がしやすく、返済計画が立てやすいというメリットがあるからです。