×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの計算について

MENU

住宅ローンの計算について

住宅ローンの計算には、住宅ローンに関する返済方式というものがありますが、これには、毎回均等額を支払う元利均等方式があります。

住宅ローンの計算とは

住宅ローンの計算には、住宅ローンに関する返済方式というものがありますが、これには、毎回均等額を支払う元利均等方式があります。
そして、毎回均等な元金を支払うという、元金均等方式という住宅ローンの計算の方法があります。
元利均等返済という住宅ローンの計算の方法は、まさしく、毎回の支払額が均等になる返済方式のことを言います。
それゆえ、この住宅ローンの計算の方法は、最初から最後まで、返済計画が立てやすいという利点があります。
しかし、一方では、この住宅ローンの計算の方法は、長期ローンに関しては、最初のうち、なかなか借入元金が減らないという難点があります。
元金均等返済という住宅ローンの計算の方法は、毎回の支払元金が均等になる返済方式のことを言います。
この住宅ローンの計算の方法は、借入残金が均等に減ってゆくので、利息が減ることにより、支払額も減っていくことになります。

住宅ローンの計算の方法としては、元利均等返済と比較すると、利息の支払総額が少ないということが言えます。
ただ、長期に及ぶ住宅ローンの計算の方法の場合、初期に支払う負担がかなり大きくなります。
住宅ローンの計算の方法においては、支払い中に余剰資金が確保出来た場合、繰り上ることで、支払いの前倒しができ、利息を軽減することが可能です。
繰り上げ返済では、住宅ローンの計算の方法として、期間を縮める期間短縮方式と支払額を減らす再計算方式の2つがあります。
ローンの支払い中に余剰資金が確保出来た時、返済を前倒しする方法が、繰り上げ返済の住宅ローンの計算の方法になります。
ローンを借り始めて3年が経ち、100万円の貯金ができた場合など、ローン返済に回せる住宅ローンの計算の方法になります。
要するに、この住宅ローンの計算の方法は、初期に行えば行うほど、それだけ大きな効果が得られることになります。
期間を縮める期間短縮方式の住宅ローンの計算の方法は、繰上げによって返済期間を縮める方式になります。

住宅ローンの計算の方法での中では、これは、余剰資金を最も有効に生かせる方法になります。
この住宅ローンの計算の方法の場合、毎月10万円の返済を行っていた時に、100万円を繰上げ返済した場合には、かなり期間が縮まります。
初期の場合、10万円の中の大半は利息になりますが、住宅ローンの計算で、繰上げをする100万円は、利息を除いた元金部分から差し引かれるので、大きな効果があります。
再計算方式という住宅ローンの計算の方法は、残りの返済期間を変えることなく、返済額だけを減らしていく方法になります。
余剰資金がある場合、支払額の負担を楽に出来る住宅ローンの計算の方法になります。