×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの計算表

MENU

住宅ローンの計算について

住宅ローンの計算には、住宅ローンに関する返済方式というものがありますが、これには、毎回均等額を支払う元利均等方式があります。

住宅ローンの計算表

住宅ローンの計算表というのは、住宅ローンの返済の際の、30年分割までの返済シミュレーションに対応しているので、とても便利です。
そして、金利、分割回数を住宅ローンの計算表に入力すれば、一回あたりの返済金額を計算することができる優れものです。
しかし、住宅ローンの計算表の場合、小数点以下は四捨五入になっているので、キッチリと分割できない場合も出てきます。
いずれにせよ、住宅ローンの計算表を利用することにより、有効な計画を立てることができるので、利用する価値は大です。
とりあえずは、住宅ローンの計算表の使い方がわかった上で、ダウンロードするのが良いでしょう。
返済期間と金利から、毎月の返済額の目安を知ることができるのが、住宅ローンの計算表の良いところです。
そして、住宅ローンの計算表を見て、金利が違うことがわかれば、どれだけ返済額に影響が出てくるかを理解することができます。
購入予定の住宅の金額を知るだけでなく、金利も含めての総支払額がどのくらいになるのかを把握できるのが、住宅ローンの計算表なのです。

住宅ローンの計算の方法には、元利均等返済と元金均等返済という2つの方法があります。
住宅ローンの計算の方法の中で、一般的によく知られているのが、元利均等返済になりすます。
これは元金分と利息分を合わせた返済額が毎月一定になるようになっている住宅ローンの計算の方法で、毎月の返済額が一定なので、返済計画が立てやすいのです。
逆にこの住宅ローンの計算の方法のデメリットは、返済期間が長くなると、支払う返済金額の大半が、利息で消えてしまうところです。
一方、元金均等返済の住宅ローンの計算の方法は、毎月の元金の返済額は一定で、それに利息分を合わせた金額を返済する方法になります。
この場合の住宅ローンの計算の方法による返済額というのは、最初の返済がもっとも多く、そして支払いが進むにつれて次第に減っていくものです。
そうした時、同じ融資金額、同じ金利、同じ返済期間で、住宅ローンの計算表を見るとよくその違いがわかります。

住宅ローンの計算表で、元利均等返済と比較すると、最初は、元金均等返済の返済額が多くなるのですが、返済総額は、元金均等返済の方が少なく済むのがわかります。
元利均等返済の住宅ローンの計算の方法は、実際、計算式そのものが、とてもややこしいものになります。
そうしたことから、100万円当たりの住宅ローンの計算の方法に関して、早見表を使うと便利です。
自分のローンを試算するには、住宅ローンの計算表を利用するのが、一番簡単にできるのです。
住宅ローンの計算表を見れば、例えば、35年返済で1000万円を借りた場合など、その返済金額がすぐにわかります。
つまり、毎月の返済額が、住宅ローンの計算表で、すぐに理解できるというわけです。
もっとも、金融機関によって金利が変わるので、自分が利用する予定の金利、返済期間を見て、住宅ローンの計算表で算出することです。