×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセルで住宅ローンの計算

MENU

住宅ローンの計算について

住宅ローンの計算には、住宅ローンに関する返済方式というものがありますが、これには、毎回均等額を支払う元利均等方式があります。

エクセルで住宅ローンの計算

住宅ローンの計算については、エクセルにより、色々と計算、試算、あるいはシミュレーションすることができます。
一般的に、住宅ローンの計算については、住宅会社の営業マンが専門で、電卓を持って、簡単に計算しています。
しかし、自分のお金のことになるので、住宅ローンの計算というのは、基本的に自分で計算して、管理していくのがベストです。
そのためには、住宅ローンの計算について、多少なりとも知識を蓄えておく必要があります。
まず、固定金利や変動金利などは、住宅ローンの計算をする上では、必須になるので、よく覚えておく必要があります。
固定金利というのは、借入期間中ずっと金利が同じで安定型のもので、住宅ローンの計算にはよく出てきます。
また、変動金利はその反対で、社会の動向により、変動していく金利のことで、これも住宅ローンの計算ではよく出てきます。

住宅ローンの計算はしっかりと見据えておかなくてはなりません。
今、お金を借りると3%だったのが、5年後に3.5%になったということもあるからです。
返済額が知らないうちに増えてしまった、ということのないように、住宅ローンの計算については、しっかりと勉強しておきましょう。
住宅ローンの計算において、金利が上下するリスクがあるのを変動と言い、これは景気が良くなれば、上昇します。
そして、住宅ローンの計算の表には、返済額を算出するのに便利なエクセルのテンプレートが用意されています。
これは、住宅金融公庫をはじめ、段階金利対応となっている住宅ローンの計算の返済額算出のエクセルのソフトになります。
バージョン2.00から、エクセルでは、住宅ローンの計算の方法として、元金均等返済ページが追加されています。

住宅ローンの計算のエクセルは、5つの融資を同時に計算することが可能となっていて、毎月の返済額以外に、年間返済額が算出できるようになっています。
また、年収を入力すれば、返済負担率まで自動計算してくれるので、優れモノの住宅ローンの計算のエクセルと言えます。
住宅ローンの計算の方法の中の返済額が一定になる元利均等払いを利用する場合、毎月の支払額を求めるため、エクセルのPMT関数を使用します。
引数に、利率、期間、-借入金額などをエクセルで指定すると、住宅ローンの計算で、月ごとの支払額が算出できるようになっています。
そして、エクセルの住宅ローンの計算なら、毎月の均等払いと、ボーナス時に払う分の金額を分けて計算できます。
ローンの条件の利率、期間、借入金、借入金のうちボーナス時に払う分などについては、あらかじめ、エクセルの住宅ローンの計算表にまとめておくとよいでしょう。
そして、毎月の支払額を求めるPMT関数の引数をエクセルの住宅ローンの計算で設定しておくと便利です。